小児喘息が出たら早めの対策や治療をしよう

命の危険もある小児喘息の恐怖

子供が小児喘息になったら親としてまずどのような対策や治療を行えばいいのでしょうか。

小児喘息の中には毎年わずかではありあますが、喘息死で命を落としてしまう子供もいます。他人ごとではなく、今親としてできる対策や治療を行っていきましょう。

小児喘息の治療と対策方法

自分の子供が小児喘息かどか分からない場合はまず小児科に行きましょう。

小児喘息の場合は呼吸の際にゼイゼイ言っていたり、微熱、呼吸の苦しさを訴えてくることがほとんどです。このような症状が見られたらすぐに病院に行ってください。

小児喘息も早く見つけることができればその分、回復に繋がっていきます。

また小児喘息はアレルギーによるものがほとんどです。アレルギーのもととなるアレルゲンという物質がアレルギーを引き起こしています。

アレルゲンという物質を徹底的に排除することが大事です。アレルゲンの発生原因はダニです。

自宅にダニが出ないようにすることも親が子供にしてあげれることです。特に寝具にはダニが大量に発生しており、寝ているだけでダニの死骸などを吸い込んでしまっている場合があります。

日常的にダニがいるような環境だと慢性的になり、大人になっても治らない可能性があります。

病院に行くこと、そしてダニ対策はもちろんのことですが、まずは小児喘息がどのような病気なのかを理解していきましょう。

小児喘息基礎知識

小児喘息とは

まずは小児喘息とはどのような病気なのかを理解していきましょう。どういった病気なのか専門的な知識が多くなりがちですが、分かりやすく解説しています。

小児喘息かどうかを調べるには?

子供が小児喘息かどうか簡単に調べることができれば便利ですね。ここでは簡単に小児喘息かどうか調べる方法を紹介しています。

小児喘息の原因

小児喘息の原因はアレルゲンです。アレルゲンが発生してしまう原因について解説しています。

小児喘息になったら子供の中の肺に何にが起こっているか?

小児喘息になったら肺の中で3つの症状の中でどれかが起こっています。小児喘息によって肺の中で起こる3つの症状について解説しています。

気流制限とは?

気流制限とは小児喘息が発生した時に起こる肺の中の症状のことを言います。気流制限という症状について詳しく解説しています。

小児喘息とタバコの関係

小児喘息も環境によってなりやすかったり、なりにくかったりとあります。タバコは百害あって一利なしとも言いますが、小児喘息とタバコの関係にも同様のことが言えます。

小児喘息とペットの関係

小児喘息の子供にペットが与える影響について解説。当然ペットがいる過程では小児喘息の原因であるアレルゲンが大量に発生してる可能性があります。

小児喘息と成人の喘息の症状の違い

小児喘息と成人の喘息の違いについて解説しています。小児喘息と成人の喘息では原因も大きく異なり、成人の場合はアレルギーよりもストレスによるものが多いようです。

小児喘息の症状別治療法

小児喘息の症状別に治療方法を紹介しています。小児喘息の治療はすぐに結果が出にくいですが時間をかければ効果が期待できます。

小児喘息の治療の完治とは?

小児喘息は何をもって完治なのがそのボーダーラインが分かりにくくなっています。小児喘息の完治とはどの状態のことを指すのかを解説しています。

小児喘息の症状に合わせた薬の解説

小児喘息では症状に合った薬が投与されます。ステロイドを使うのかヒスタミンを使うのかなど症状に合わせて治療していきますが、それぞれの症状に合った薬について解説しています。

小児喘息で長期間使われる薬

それぞれの薬がどのような作用をしているのかや、長期間使用すると思われる小児喘息の薬について詳しく解説しています。

小児喘息ガイドラインとは?

小児喘息のガイドラインでは小児喘息の重症度に応じて適切な治療が行われます。小児喘息のガイドラインについて解説しています。

小児喘息の症状の種類とは?

小児喘息の中でも重症な重症持続型1と重症持続型2の対処と症状について解説しております。

このページの先頭へ