小児喘息で長期間使われる薬

小児喘息にかかった子供に使用するのは、どういった薬剤かを症状別に考えて解説をいたしました。

今回は各成分ごとに、どういった部分に作用するかを紹介していきたいと思います。

初めに、簡潔に小児喘息がどういった症状か解説いたします。症状の特徴は、気管支の炎症が発生し、呼吸困難の症状が起こること、そして通常の人に比べて炎症が起こりやすい状態になっていることです。

その原因は、アレルギー反応を起こす過剰な免疫の作用を抑えることと、交感神経が過剰に発現したことによって起こる筋肉の弛緩をとることを目的としています。

それでは、長期間服用する薬剤に関して正式名と公開に関して解説していきます。

ロモグリク酸ナトリウム(インタール)という成分は、最初のアレルギー反応を抑える効果があります。

実は、アレルキー物質が放出されるには、様々な経路があるものの気管支喘息の原因になるのは肥満細胞から発生するものです。

その細胞から分泌される受容体をブロックしているのです。服用の形態は粉、液体と様々な形状の物が使用されています。

次に気管支の萎縮と炎症を抑える薬があります。プランルカスト(オノンR)とモンテルカスト(シングレアR、キプレスR)といった薬剤が該当します。

この薬で、大体の小児喘息の発作が治まるのですが、治まる期間が1週間から2ヶ月と幅があります。

軽度の症状では、効果は出るものの、環境によるアレルゲンの場合の薬剤は効果が薄いとされます。

この薬剤を使用している間に環境によって起こされる場合のアレルゲンを取り除くことが重要なのです。

最後に吸入ステロイドですが、気道の炎症を強力抑える薬品です。

ですが、ステロイド剤を服用するのは、上記の2つの種類の薬品の長期的な使用によっても改善できない場合です。

または、緊急に症状を抑えたいといった場合に使用します。ステロイド剤は強力な薬剤ですので、使用と服用には医師の指示にしっかりと従うことが何よりも大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ