小児喘息の原因

小児喘息はアレルゲンが気管支に反応して炎症をおこすことによって発生する病気です。

この病気の厄介なところは、アレルゲンの原因が分からないと薬の服用の期間が長くなってしまうことです。

今回はそのアレルゲンになる原因を紹介いたします。喘息なる原因のアレルゲンで一番多いのはホコリとダニといったものです。

これらは、気管支にへばりつくと過剰な免疫を動かす反応を起こすために非常に気管支の気道を狭くしてしまう要因なのです。

ですから、小児喘息と言われたら初めに布団やカーペットといったものをしっかりとクリーニングすることをお勧めいたします。

クリーニングをすると言っても、業者に出すことが大切なのです。

カーペットを洗浄することはあまり無いと思いますが、小児喘息でアレルゲンが原因の場合は1番が布団、2番目にカーペットといいます。

ですから、思い切って業者に外注して丸洗いしてもらうことが大切なのです。

家で、布団を干してという段階では、布団に付着したダニは退治できているものの、ダニの死骸は落とすことはできないのです。

ですから、専用の掃除機のヘッドでしっかりと、クリーニングすることが大切なのです。

もし、引っ越しをして小児喘息を発症したのなら、外注している間に家のすみからすみまで掃除をすることも大切です。

その中で一番見を落としやすいのは、風呂場です。実は、小児喘息の原因がカビの場合があるのです。カビは風呂場の他にも洗濯機にも潜んでいます。

気づかないかもしれませんが、黒かびは洗濯機の機能での洗浄で十分退治できるようになったものの風呂場の換気扇に関して洗浄はできないと思います。

カビが原因とされる場合は、乾燥している風呂場に入ったりそばを通ったら、くしゃみが止まらないといった症状が出ていたらファンをチェックすることが大切なのです。

アレルゲンを突き止めるには小児喘息の診断が出た時点で、病院に行きアレルゲンのチェックを行ってくれる病院に行くことが大切です。

専門の病院でないと、喘息の診断はできるもののアレルゲンのチェックが出来ない場合があるので注意が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ