小児喘息の症状に合わせた薬の解説

小児喘息は、症状に合わせた薬の使用によって治療が開始されます。

今回は、この症状の場合にどういった薬を使用して治療にあたっているか厳密に解説をしていきたいと思います。

初めに、気道炎症の場合で、症状が軽度の場合はヒスタミンやロイコトリエンといった気管の炎症を抑える薬剤を使用します。

気管の炎症というものは、実は免疫系の細胞から発せられた物質によるものが原因なので、こうした反応を抑える薬を使用するのです。

この薬の成分は花粉症薬と非常に似ている成分なのです。

昔は、服用によって眠気といった症状が現れることもありましたが、現在では気管支の炎症にピンポイントで効く薬剤が開発され、なおかつ服用回数が少ないものも出ています。

次に、気道過敏性に関してです。気道過敏性とは、少々の刺激で気管支の気道が細くなってしまう炎症の状態を指しますが、こうした時に起きているのは気管支の回りの筋肉が過剰に緊張しているのです。

イメージすると糸がピンと張っている時に、おもりを落とすと糸が切れやすいのは想像しやすいと思います。

この様に、気管支の筋肉が緊張しているために少々の刺激でも、気管支の炎症が起きてしまうのです。

こうした場合は、気管支の緊張をほぐす薬剤の服用や、免疫系を抑制する力が強いステロイド剤を使用する事が基本です。

気管支が緊張している場合は、交感神経が活発化しているのでその働きを抑える薬が使用されます。

気流制限の場合になってくると、最初のヒスタミンやロイコトリエンの放出を抑える薬剤の併用が基本になります。

そして、更に服用するのは、炎症による痰が多く発生するために、痰を出やすくするような薬剤を使用するようになります。

薬剤の形状も症状の段階によって、変わってきます。最初は錠剤が基本なのですが、次第に発作に対して即効性のある薬剤の服用が必要になってくるのです。

薬の種類によって、症状の経過や重症度がわかるので、自分の子供の喘息の症状の見極めの参考にれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ