小児喘息かどうかを調べるには?

自分の子供が小児喘息かどうか?調べるのに簡易的な方法があれば便利です。

実は、実際にインターネットで調べる方法があるもののあまり認知度が少ない方法があります。

今回はその喘息の症状に関して調べる方法を紹介いたします。その方法とは、喘息コントロールテストといいます。

略称がATCと書かれているこのテストですが、実際に子供の症状に合わせて答えていくと小児喘息であるとどうかを調べることが簡単にできます。

このテストには、成人用(12歳以上)小児(4~11歳)用の物が存在するので注意が必要です。

このテストを作成したのは財団法人日本アレルギー協会という部門が作成したものです。

このテストは単なるテストでは無いので、是非この後の文章をよく読んでいただきたいと思います。

初めに、問診を5つ行います。その後インターネットの下記に、プラグインがありますのでPDFをダウンロードして下さい。

その結果を印刷して、財団法人日本アレルギー協会が推奨する病院に持って行くと小児喘息の専門医の病院に行くことができて、容易に診察を受けることが可能なのです。

更に下記に進むと、病院の検索のページに進むことができます。最寄り駅、病院名、郵便番号と言ったあらゆる手段で探すことが可能なので、非常に便利です。

注して欲しいのは病院を探すときに、小児ぜんそくと入れるようにしてください。成人の喘息と小児の喘息の治療法は原則治療方針が大幅に変わっているので、小児の喘息の診断を行っいる場所を入れないと検索することができないのです。

また、自分の子供が小児喘息であるかどうかは、問診でなくても可能です。2週間以上風邪でも無いのに咳をしたり、食べ物が入っていないのに咳をしてしまったりしたら要注意です。

就寝時のみ咳をしている場合は、布団を変えてみるのも小児喘息であるかどうか判断することが可能です。

布団にダニやホコリが付いている場合は、布団を変えると症状が収まる場合が非常に多いからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ