小児喘息と成人の喘息の症状の違い

小児喘息は成人で発症する喘息と症状が大きく違います。今回は成人で発症する喘息と小児喘息の違いを紹介いたします。

成人の喘息の特徴は自律神経によるストレスによるものが多く、一般的に言われているようなアレルギーが原因ではないのです。

アレルギーが原因の成人の喘息の症例は殆どなく実は、大半が、自律神経の過剰な気管支の筋肉の緊張によって発症しているものです。

そして年齢が40歳以上に発症するのも特徴で、症状がは慢性化かつ重度の障害が出てくる場合があります。

小児喘息の場合は、1~2歳が発症の年齢が多く小学生までに発症することが多いのが特徴です。

その原因はアレルゲンによる気管支の過剰な免疫反応が起こることで発症します。その結果、他のアレルギー疾患を発症していることが多いのです。

併発しやす病気の種類としては、アレルキー性の鼻炎、アトピー性皮膚炎、花粉症と言った病気です。

ですので、喘息の症状が出ていなくても、アレルギーの症状が出る場合としては、乳児の湿疹、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー結膜炎と言った病気になります。

これらの病気はアレルゲンが皮膚に直接接することで発症する病気なので、発症した場合はアレルギー専門の医師にお伺いをたてるのも重大な事です。

また、成人型の喘息の要因を小児の時点で持っている場合もあります。実際に転校して、小児喘息になったお子さんがいたところ環境による要因かと思われたが、転校したことによるストレスが大きく関わっていた場合です。

そういった場合は症状は、完治がしにくい喘息になります。先程説明した成人型の喘息は、ストレスが原因と言われています。

実は、小児喘息で完治をしないで成人に繋がる場合はこうしたケースが多いので、ストレスの解消法や規則正しい生活習慣を作るようにすることが何よりも重要なのです。

小児喘息を成人まで持ち越さないようにするには、幼少期の内の対処が重要になってくるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ