小児喘息とタバコの関係

小児喘息になる要因として環境の要因がありますが、その最たる最悪なものにタバコとペットの毛に関してどうしてこんなに悪いのかを科学的に解説していきたいと思います。

実は小児喘息の発症には喫煙率が大きく関係しています。それは、妊娠中の場合であっても子供が生まれた後であっても、更にその子供がタバコを吸ったとしても悪影響をおよぼすのです。

タバコを妊娠中の女性が副流煙という有害な物質が入っている白い煙を吸った時には、アルデヒドやタール、一酸化炭素、ニコチンといった有害な物質が多数入っています。

それでは、各物質がいかにそういった影響をあたえるか小児喘息の症状に関して示すと、胎児の時点で酸素の量が減少し正常な発育がアセトアルデヒドで阻害されます。

アセトアルデヒドは胎盤を通って、気管支の粘膜を刺激するような作用を持ちます。

その結果、胎児の気管支の形成を悪化させるのです。次に、タールですがこれは気管支の粘膜に張り付いて、気管支の組織をボロボロにします。

胎児の時点でと思われるかも知れません。しかし、実際に胎盤はタールの分子を全て吸着することができないのです。

また、タールの影響があると自動車の排気ガスを吸っただけで免疫反応が過剰になってしまい、気管支喘息のリスクが高くなるのです。

一酸化炭素は胎児に酸欠の状態を引き起こすだけでなく、肺の発育の阻害、そして胎児の赤血球を破壊する作用を持ちます。

すると、人間の体は異常な赤血球を免疫系が過剰反応してしまうリスクが高くなります。ニコチンは気管支の粘膜を刺激する作用があるのです。

これが、幼児期時に実際に空気から摂取すると、胎児の時にくらべて非常にリスクは高くなります。

また、免疫系のIgE抗体を過剰に増やすので、後に重度の気管支の発作が起こることになります。

アレルギーの因子を持っている子供のリスクは何倍にもなりますので、タバコをやめることは非常に重要なのです。

成人以降で、喘息の発作の再発のリスクも高くなるので、小児喘息方はタバコの煙には注意が必要なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ