小児喘息の症状別治療法

小児喘息なると、実際に子供に施される治療法に関して気にかかる方も多いかもしれません。

ですが、専用のサイトを見ても専門的な用語ばかりでわからないという方も非常に多いのが現状です。

今回は、分かりやすく専門的な用語の解説をしていきたいと思います。小児喘息は、3回に分けて症状別にどういった症状の深度なのかということを説明いたしました。

今回も症状別に解説をしてきます。初めに、間欠型ですがこの小児喘息の症状の場合は、症状が出る場合の状況の結果観察と発作の種類の断定の為の問診が主に行われます。

気管支喘息と言っても、気道が狭くなっている場合に起きる発作と空気の状態によって気管支の筋肉が過敏になっている状態があるので、どちらが原因でこうした症状が出ているかを判断して症状別に治療していていきます。

次に、軽度の発作があこる場合の軽症持続型の場合ですが、この小児喘息の場合は気管支を刺激している原因物質がある場合が多いのです。

その原因を突き止めることと同時にアレルゲンやストレスの原因を探ることを行っていきます。

6歳以上の場合は原則ステロイド剤の治療になるのです。中等持続型の場合は、薬の即効性が早い吸入型の医薬品の服用が中心になります。

この段階になると気管支自体の状態が悪く、肺に入る空気の量が制限されてしまうので、即効性の薬を使用されるのです。

軽症持続型と異なるのは薬の種類が増えるので、薬の服用の時間やタイミングをしっかり逃さないようにすることです。

子供が薬をしっかり飲むには、非常に重要な注意点が必要になってきます。飲む時間をしっかり守ることがなりよりも重要であることをしっかりと教えていくことが何よりも大切なのです。

重症持続型になると、吸入ステロイドや多剤併用が中心になってきます。多剤併用になってくると薬に拒絶反応を起こす子供がいます。

小児喘息の薬は一度で症状を治めるものではないので、時間がかかるものだと教えることが大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ