小児喘息とは?

今回、自分の子供が喘息だった時、病気に関する理解が何よりも重要になります。

自分の子供が喘息になった時、その苦しみをいち早く救ってあげたいと思うものです。

ですが、小児喘息に関する情報は専門的な物が多く理解し難い内容が多いのが現状です。

今回はそんな貴方に小児喘息関してどういった病気なのか、分かりやすく解説していきたいと思います。

はじめに、小児喘息は喘息の症状の内、幼年期だけに症状が現れる疾患を言います。

小児とついているのは、2~7歳ほどの間に発病し、適切な処置をすると症状が改善できるためにつけられているのです。

適切な処置というのは別項目で詳細に紹介いたします。小児喘息は、子供の気管支の起動が通常よりも狭くなってしまうことで、呼吸が困難になる病気を指します。

その機動の狭さは普通のこどもに比べて、50%程の狭さになってしまうのです。

この病気になった時の特徴ですが、ゼイゼイと子供が就寝時でも、吐息にこうした音が出るようでしたらそれは小児喘息と考えていいのです。

実は、就寝している時が一番気管支の筋肉が弛緩して就寝することができるのです。これが気管支の幅が狭いと音を立てます。

いびきと違うのは、呼吸は安定しているのに音がなるのが大きな特徴なのです。

つまり、普通にリラックスしている状態にも関わらず、気管支が空気に擦れて発するような音が出ている場合は注意が必要なのです。

この症状は、就寝が深い眠りでなくても気づくことができるので、普段から呼吸に支障が出ているような症状を持っていると気づいたら就寝時の様子を観察し、早めに医師に相談することが重要なのです。

医師に相談するときには、子供は自分の苦しい状況しか話せないので、就寝時の様子に関しては親がしっかり話すようにすることが大切なのです。

小児喘息は早めの診断が何よりも大切で、早めに見つかれば症状の悪化も防ぐことができ、その対策が薬以外の要因でも対処することが可能なのです。参考になれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ